読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEAVERラジオノキロク

WEAVERが出演したラジオの文字起こしをしています。

WEAVERのMUSIC BELIEVER!! #4


WEAVERのMUSIC BELIEVER!! #4 【修正版】

 

 

こんばんは!WEAVERのMUSIC BELIEVER!!

お相手はWEAVERのピアノボーカル・杉本雄治がお送りしていきます。

えー、さて今週は…ゲストがいません!

ということで、あのー、先週~、先々週は、the pillows山中さわおさんをお迎えしてお送りしてたんですけれども、今週はまた1人でお送りしていきたいなーと思うので。

今日はですね、みなさんから頂いた、もう3回、放送したわけですので、その、感想だったり、いろいろ意見だったり、あのー、文句だったり、そういうものを頂けてるんじゃないかなーと思います。そうしたメールを、紹介していきたいなーと思っております、けれども。この番組はですね、ゲストをお招きする時と、僕、杉本が1人で送る…週がありまして、えー、今日はその、1人でメールを紹介していきたいなーと思っているんですけれども。

 

今はですね、もう4月になりまして、僕たちツアーも始まりまして。えー、ようやく、もうね、何本か終えて、ちょっと一安心というか、落ち着いてるところではあるんですけれども。僕個人としてはですね、ようやく、花粉症が、だいぶマシになってきた時期なんですよね。実は僕、杉花粉症で、杉本なんですけど杉に弱いっていう…なんとも残酷なことなんですけれども。

あのー花粉症でね、もうほんとに毎年毎年、悩んでいたんですけれどもー。昨年からちょっと、あの、病院にも通いまして。

あの~『どうしたらよくなりますかね~』っていろいろ相談してて、血液検査とかもしたんですけれども、その結果、第一声に言われたのが『杉本くんは、生命力が低いから、ダメだね!』って言われて(笑)『この先生、大丈夫かな~』って最初は思ってたんですけど。でもなんかその、生命力が下がってると、やっぱりなんか色んな免疫だったりね、なんかウイルスだったり、アレルギーに対する、なんかそこに戦う力みたいなのが上手く作動しないから、あのー、花粉症にもかかりやすいんだよーっていうのを、話を聞いたので。最近はそのおかげでなんかマシになって、ますね(笑)

なので、あのー、悩んでる人がたくさんいると思いますので、何か、『私はこういうことやってます!』みたいなことがあれば、ぜひ、そちらも教えてもらえたらうれしいなーと思っております!

 

ということで、WEAVERのMUSIC BELIEVER!!、今日も最後までお付き合いください!

それではまず1曲WEAVERから聴いていただきたいんですけれども。ついこないだですね、リリースされたコンピレーションCD、「こいのうた ~Inspired by 映画『ちはやふる』」にも収録していただきました、WEAVERで『キミノトモダチ』という曲を聴いてもらいます。どうぞ!

 

 

お送りしたのは、WEAVERで『キミノトモダチ』でした。

 

改めまして、こんばんは!WEAVERのMUSIC BELIEVER!! WEAVERのピアノボーカル・杉本雄治がお送りしていきます。

今週はみなさんから頂いたメールを紹介する、メールスペシャルぅ!!

…ということでですね。えー、ほんとにざっくりした、それで本当にこの番組、今日持つのか?っていう感じなんですけれども。いろいろと、みなさんからのメッセージを頂いておりますので、そちらを紹介しつつ、なんかそこでね、『こういうことやってほしい!』みたいなことが出ていたら、なんか、それも参考にしつつ、これからのね、番組を作っていけたらいいなと思っております!

 

というわけで、えー、特に、お題とかもないので早速ね、あのー、みなさんのメールも紹介していけたらなーと思うんですけれども。まずはですね、えー、ぷぎさん。「すぎくんこんばんは。初回聞きました!私も99%心配していたなかの一人ですが(笑)流暢に話す杉くんにホッとするやら、感動するやら…。とても楽しい30分でした!」

ということなんですけれども。まぁ(笑)最初、初回にも言ったんですけど、ほんっとに噛むんですよ、僕。カミッカミで~。もう、今、ツアー始まってるって言いましたけれども、もうこのツアーの中でも、いろいろね。もう噛みまくり、歌詞も間違えたり。もう1個ね、おっきな事件とかもあったりして、それはちょっとまぁ後で話したいなーと思うんですけれども。まぁでもほんとにね、このラジオ始まって、なんか、すごく、話すことに関する、なんか、意識みたいなものもすごく高くなってきてるので。ちょっっとはマシになってきてるんじゃないかな~と思うんですけれども、今、スタッフさんはちょっと首を傾げてました~。はい。頑張っていきたいなーと思いますけれども!

 

続いて!(笑)えー、2通目はですねー、えー、ラジオネーム、キウイソーダさん。神奈川県24歳ということで。「杉くん、こんばんは!杉くん単独ラジオ、おめでとうございまーす!」ということで、こちらもお祝いメッセージを頂いておりまーす。「緊張が伝わってくる」っていうことなんですけれども。

ほんとに緊張してます。でも、なんか今日は、結構リラックスしてるんですけれども。まぁたぶんね、結構僕いろいろ、やることが重なってくると、も~~~いっぱいいっぱいになってきて、頭が回んないんですよね。こないだも収録してたときも、もうツアーの、内容が、だいぶ固まってきてて、ツアーのリハしつつー。んで、インドネシアに行って、そこでもいろいろ収録とかもしてた、最中だったので。なんか、ちょっと、『もう、ラジオ何しゃべったらいいんだ!?』という感じで、すごい緊張してたんでー。今週は、なんか、落ち着いてしゃべれるんじゃないかなーって思っておりまーす!

 

そして!えー、もう1通。ラジオネーム、脊髄反射で物を言うのをやめたいさん。「初回放送、聞きましたよ~。杉くん!『なになにですけれども』っていう接続詞が多いですね。口癖ですね。もうちょっと区切って話して頂けると、聞きやすいです!」

すいませんでした~。今日も、たくさん、言っておりま~す!(笑)順調で~す!(笑)もうねー、やっぱねー、1人で話すっていうのがね…おかしいじゃないですか?あのー、スタッフさんとも言ってたんですけど、1人で話すってだいぶイタい奴、でしょ?家とか、1人で話してたらおかしいやんか。…そう、だから間が恐いんですよね、その、1人でいると。それを受け取ってくれる人がいない、リアクションしてくれる人がいない、っていうことで。やっぱりどうしてもどうしてもその、間を埋めるためにもう次の話に繋げたい…っていうね、気持ちになってしまうので。はい、もう言い訳に過ぎないので頑張ります。はい。ちゃんとね、区切って、いき、ます!けれども~…そうですねぇ、つぎ、読みたいなーと思いまーす!(笑)

 

4通目、えー、こちらはですね…かのんさんかな?佳音さん、お洒落な名前。えー、「杉くんこんばんはー!」ということでね。こちらの方はですね、もうさっそくリクエストなんですけれども、「ぜひサカナクションの山口一郎さんをゲストに呼んでほしいです!」ということでね。あっ、いいですね。こういう、なんか、呼んでほしいゲストの方を、あの、リクエスト頂けると、なんか僕も…いろいろその方に興味も持てますし。まぁ今回、サカナクションの山口一郎さんということで、もちろん知ってますし、音楽もね、大好きでずっと聴いてるんですけれども。なんか、そうした、あの、みなさんの、僕と話したらきっと、僕杉本が、なんか化学反応起こすんじゃないかとか、なんか、成長できるんじゃないか、みたいな、そういう方がいたら、ぜひぜひね、リクエストなんかも頂けたらうれしいなぁと思います。

えー…そうですね。彼女は、「私がWEAVERとサカナクションが大好きだからっていうのが大きいんですけど(笑)たまに、杉くんと一郎さんの音楽に対する愛情が似てるんじゃないかなと思うんです。」

なるほどね。はぁ~、一郎さんはね、でも、ほんっとにストイックで。なんか音楽以外にもすごく興味あって、釣りとかもね、もう、あんなに忙しいのに、いつそんな釣りする時間があるん?っていう感じで。ねぇ、ほんとに、なんか人生を120%、楽しんでるというか、精一杯生きてるな~っていうのがすごく伝わってきて。ほんとに尊敬できる方なので。ちょっとね、ほんとに、山口さんが来てくださるんだったら呼んでみたいな、呼ばせていただきたいなーと思うので、えー、ぜひ楽しみにしていてください!

 

というわけでね、なんかそういう感じで、えー、メールを紹介してきたんですけれども。ゲストの方ね、いろいろやっぱり、呼びたい人は、ほんっとにたくさんいるんですよね。こないだは、the pillowsの、山中さわおさんを呼びましたけれども。まぁこれから同じ事務所のね、仲良い人もどんどん呼んでいきたいなーとも思いますし。もうほんとに僕が、今、こう…気になっている若手アーティストだったりも。それこそインディーズとかでも良いかもしれないですけど、そういうアーティストもどんどん呼べたらいいなーって思います。

最近ね、一番日本で気になっているアーティストといえば、雨のパレードっていうバンドがすごく気になっていて。もうどんどんねー、いま人気が出てきてるんですけれども。なんか音楽性みたいなところですごく、通ずる部分がたくさんあって。なんかきっと話すと、盛り上がるんじゃないかなーと思ってるので。えー、そうした方もね、呼んでいけたらいいなーと思っております!

 

というわけでね、こうしたもういろんな、もうなんでもいいです。ほんとに文句ばっかりでもいいんで、あのー、メールを頂けたらうれしいなーと思います。えー、そのあて先ですけれども、weaver@snowbird.jp。ダブリューイーエーブイイーアール、アットマーク、エスエヌオーダブリュー、ビーアイアールディー、ドットジェーピー!ということで、たくさんのメールを、お待ちしておりま~す!

 

というわけでですね、ここら辺で1曲、えー、いま気になっている曲を紹介できたらなーと思うんですけれども。えー、まずね、そのアーティストはですね、The 1975というバンドでして。今ほんっとうに世界ですごく人気があるバンドなんですけれども。

実は、特に僕が、なんですけれども、このアーティストをすごく意識して曲作りだったり、ライブの中でも、えー、いろんなステージ、考えて作っております。それはですね、まぁ今の海外のアーティストは特に、まぁバンドに関する話なんですけど、やっぱり曲はすごくおもしろいけど、結構…オルタナティブというか、インディーズ的なライブをするバンドが多いんですよね。まぁ僕の聴く音楽がちょっと偏ってるかもしれないですけど。ちょっとわかりづらいというか、ポップではない、バンドが多いんですけれども、そんーな中でもこのバンドっていうのは、ちゃんとそういうオルタナティブさというか、インディーズ感も残しつつも、すごくポップを常に意識して楽曲を作っていて。なんかただただね、自分たちが自己満足で楽しむんじゃなくて、やっぱりステージ…『曲がこうだから、ステージをこう作っていく』っていうのが、すごく考えられて、あの、ライブをしているアーティストなので。ほんとに、あのー、ぜひみなさんにもね、ライブを見てもらえる機会があったら、ぜひ見てもらいたいなーと思っております!The 1975で『The Sound』。

 

 

お送りしたのは、The 1975で『The sound』でした。

 

WEAVERのMUSIC BELIEVER!! WEAVERのピアノボーカル・杉本雄治がお送りしています。というわけで、ここからもですね、少しだけ、メールを紹介していきたいなーと思うんですけれども。こちら、ラジオネーム、リス丸さん。「杉くんこんばんは!初の1人レギュラー番組、おめでとうございます!初回放送では杉くんが緊張しているのが伝わってきて、私までドキドキしながら聞いていました(笑)これから毎週ラジオで杉くんの声が聞けるなんて、とてもうれしいです!」ありがとう!「今はツアーで大忙しかと思いますが、裏話やリハーサルでのエピソードがあればぜひ教えてください!」

というわけなんですけれども、そう、いまね、こちらでも言ってもらった通り、ツアーがいま始まって、絶賛、各地回ってるんですけれども。もう早速ね、もう最初っから結構ハプニングというか、僕個人の中でもう反省することがほんっとにたくさんありましてですね。

はい、まぁバンドメンバー、僕たち3人はすごく良い初日を迎えれたなーって思っております。今回のステージですね、まぁホールっていうことで、いつもホールになると、ライブハウスよりもやっぱりいろいろ、ステージもね、いつも以上に考えて、演出みたいな部分も作れるので、今回もいろいろ考えてますよ~っていうのをね、えー、いろんなところで言ってたんですけれども。ほんとに、リハーサルで、スタッフさん込みで、ちゃんと、出来る、リハーサルっていう、演出込みでね、出来るリハーサルっていうのがなかなか出来ないので、結構本番ぶっつけなところが、いろんな箇所箇所であったんですけれども。そうした部分もすごくスムーズにいって、『あっ、スタッフさんがこんだけ頑張ってくれてるんだったら、僕たちも、もう、もっともっと良いステージ見せてやろう』って。『お客さん楽しませてやろう』っていう、なんか、そういう、なんか相乗効果が生まれて、ほんっとにみんなで、えー、作り上げられたライブになったんじゃないかなーって思っております。

そしてですね、その次の日にですね、名古屋でやったんですけれども、この日がほんとに僕~としては、もうほんっとに大反省の1日でして。まぁ、リハーサルってね、やっぱりこう、初日に合わせて練習してる部分っていうのがすごく強いので、あのー、いろいろね、会場の名前とかを呼ぶ…シーンっていうのがたくさんあるじゃないですか。そうした中で、もうずっっとリハーサルでは『なになに、大阪―!』だとか、もうライブ始まった時に『大阪盛り上がっていけるー?』みたいなことを、もうそれ込みで、なんか、もう1つのね、なんか、それが、フレーズとしてもう頭の中に叩き込まれてしまってたので。あのー、もうほんっとに申し訳ないんですけど、名古屋のド頭で…出る前にね?『今日は名古屋、名古屋』って言い聞かせてたにもかかわらず、ド頭で、名古屋で、『大阪―!』って発してしまったんですよね…。もう、ほんっとに申し訳ない。でも、実はですね、もう、言った最初、全然自分で気付いてなくて。『お客さん、なんか笑ってるな~』っていうのは気付いてたんですけど、もう全然、もうそんなん無視して、『ん?何笑ってるん?』みたいな、逆ギレみたいな感じで(笑)やってたんですけど(笑)まぁ、途中のMCでおっくんがね、ツッコんでくれて。『あぁ、やっぱ自分、間違えてたんだ~』っていうのも気付けて。『もう絶っ対やりたくないな~』って結構そのライブの中でも引きずってたんですよ!もう、ほんと申し訳ないって思いながら、やってたんですけど。もう、ここはね、僕が気を付けるしかないんで、もう今回限り!ということで、名古屋のみなさんには許してもらえるとうれしいです。お願いします。ほんとに申し訳ありませんでした…。

というわけでですね(笑)あのー、ツアーはまだまだ、これから続いていきますので、ほんとにね、今回しか見れない、どんな楽曲もいろいろアレンジして持って行ってますので、是非ね、その瞬間瞬間を楽しんでもらえると、うれしいなーと思っております!

 

というわけで!えー、この番組ですね、えー、始まって4回目ということなんですけれども、ちょっとTwitterもね、あの、活用して、みなさんにいろいろ、えー、感想だったり、そうしたものも、頂けたらいいなーということで、ハッシュタグをね、作りたいなーと、思ってるんですよ。

まぁ、あのー、WEAVERの公式Twitterアカウントあるんですけれども、まぁ、そこに感想書いてもらってもいいんですけれども。やっぱ今、ツアーとかも回っているので、ちょっと感想がもしかしたら埋もれてしまうこともある…かなぁと思うので、その、番組専用の、ハッシュタグをつけて、えー、感想などをつぶやいて頂けると、この番組のスタッフさんも読んで頂けますし、僕も、ちゃんとこの番組に対しての、あのー、ちょっとね、覚悟を背負いながら、その、感想も読めると思いますので、是非みなさん、つけてもらいたいなーと思います!

というわけで、どんなね、ハッシュタグがいいのかなーって自分の中でもいろいろ考えてたんですけれども。やっぱ、わかりやすいのがいいですよね。えー、こないだも、えー、僕…の初回のね、放送に応援メッセージ頂いた、あ~ちゃんのラジオ、『あ〜ちゃんのただただラジオがスキじゃけん』!えー、こちらのね、番組の時はですね、『#あーラジ』、あ、まっすぐ棒、ラジ、っていう感じでね。すごくわかりやすいハッシュタグがあったので、なんか僕もね、もう変にイジらず、あのー、シンプルにね、ストレートがいいのかなーということで、えー…ハッシュタグ、えー『#杉ラジ』に、しようかなーと思っておりま~す!

はい、まぁ『すぎらじ』と言っても、ね、いろいろ、えー、漢字だったり、カタカナがあると思うんですけれども。まぁ見た感じ一番しっくり来たのが、#、漢字で『杉』、カタカナで『ラジ』。もうシンプルにね、それがいいかなーと思っております。僕に見てもらいたいなーっていう人は、えー、#、漢字で『杉』、カタカナで『ラジ』、でつぶやいてもらえると、うれしいでーす!是非ね、みなさんの感想、待ってますので。メールでも、もちろんちゃんと僕が読みますし、こちらのTwitterも読みたいなーと思っておりますので、ぜひみなさんよろしくお願いしまーす!

 

というわけで、えー、今日はメールをね、たくさん紹介してきました、けれども。いろいろね、こんな曲かけてほしい~、なんてリクエストもお待ちしております!ぜひみなさん、よろしくお願いしま~す!というわけで、ここでもう1曲お送りしていきましょう。WEAVERで『さよならと言わないで』。

 

 

お送りした曲はWEAVERで、『さよならと言わないで』でした。

 

というわけで、WEAVERのピアノボーカル・杉本雄治がお送りしてきた、WEAVERのMUSIC BELIEVER!! いかがでしたでしょうか?

えー、今回で4回目だったんですけれども、まぁ1人しゃべりはまだ2回目っていうことで。もう~、噛みは少なかった“けれども”、えー、今も言っちゃいました“けれども”!(笑)もう口癖がね、ひどいひどいひどい。もう、癖がすごいんですよ。もうこちら直していきたいな~と思うので、えー、どんどんね、成長する僕を、えー、楽しみにしといてもらえたらうれしいなーと思いま~す!

そしてですね、先ほども、言いましたように、ハッシュタグをつけてつぶやいてもらえたらうれしいなーと思います!『#』、漢字で『杉』、カタカナで『ラジ』。『#杉ラジ』!こちらをつけてつぶやいていただくと、僕がしっかり読んでいきます!スタッフさんも見ていきますので、いろいろね、おもしろいこと、リクエストなんかをみなさんにつぶやいてもらえたらうれしいなーと思いま~す!

そして、番組の感想、質問、相談などなど、メールでも、受け付けております!『weaver@snowbird.jp』ダブリューイーエーブイイーアール、アットマーク、エスエヌオーダブリュー、ビーアイアールディー、ドットジェーピーというわけで、たくさんのメールをお待ちしております!

 

というわけで、今週は1人でしゃべってきましたけれども、来週はまた、ゲストの方をお迎えしてお送りしたいな~と思うんですけれども!ゲストは、なんと、flumpoolのボーカルギター・山村隆太さんを…お招きして、お送りしたいなーと思っておりま~す。

もうね、WEAVER応援してくれてる方はみんな知ってるんじゃないかな~と思いますけども、もう僕のね、大先輩。同じレーベルの大先輩、flumpool山村隆太さんが来てくださるということで!前回はね、いやぁもう、山中さわおさんだったので、すっごい緊張したんですけれども、今回はちょっとリラックスしてできるんじゃないかなーと思ってるんですけれども!(笑)いろいろ…なんか、裏の顔を、暴かれそうでちょっと恐いんですけれども。覚悟していきたいなーと思っております!是非みなさん、楽しみにしてくださーい!

 

そして、最後にWEAVERからのお知らせです。

ニューアルバム『Night Rainbow』リリース中です。今流れているこちらの曲も入っております。「Hello Goodbye」です。そして、えー、今月、リリースされたコンピレーションCD「こいのうた ~Inspired by 映画『ちはやふる』」に「キミノトモダチ」が収録されております。

そして、いま絶賛ツアー中ということで、『WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」』。えー、お近くはですね、4月30日土曜日、広島JMSアステールプラザ中ホールにて行われますので、最高のライブをしてますので、みなさん楽しみにしていてください!詳しい情報はWEAVERのホームページをチェックしてください!

ということで(笑)WEAVERのMUSIC BELIEVER!! ここまでのお相手は、WEAVERのピアノボーカル杉本雄治がお送りしてきました!それではまた来週~バイバイ

 

 

 

OA曲(曲目が分かるもののみ)

WEAVER「キミノトモダチ」

The 1975「The Sound」

WEAVER「さよならと言わないで」

WEAVER「Hello Goodbye」(BGM)

 

 

 

 

この回で、杉くんが「ゲストに同じ事務所の仲良い人や、気になっている若手アーティストを呼びたい」と言っていましたが、直後にflumpoolの山村さん、後日、Mrs.GREEN APPLEの若井さん、山中さん、雨のパレードの福永さんがゲストで来てくださいましたね!すごい!実現スピードが速い!(笑)

これからもどんな方がゲストに来てくださるのか楽しみです ^ ^